• 経営理念
  • 歴史
  • 特色
  • 北京徳琦知識産権代理有限公司は中国情報産業部所属の特許サービスセンターを前身としておりします。当該センターは1984年に設立され、中国にもっとも歴史のある知財サービス専門機関の一つであり、数多くの中国初代弁理士がそこに所属し、それらの一部が若手弁理士の指導監査役として、今でも当社に活躍しております。

    2001年4月、中国情報産業部所属の特許サービスセンターが民営化され、北京徳琦専利代理有限公司に社名変更されました。当社は元特許サービスセンターの役員の一部を保留すると同時に、知財分野の数多くの専門家を招聘致しました。その後、当社は快速かつ平穏に発展する新しい時期にまい進いたしました。

    中国特許システムの最初の段階では、政府に指定された渉外代理事務所は極一部でした。当社は2002年に当該資格を取得した。優れた能力と知財分野で長年積み重ねてきた経験をもつ当社は世界各地の何百社の企業、特許事務所、弁護士事務所との業務連携を行っております。

    2004年、当社は北京徳琦知識産権代理有限公司に社名変更し、国家知識産権局から徒歩10分ほどの現所在地に移転いたしました。